オーストラリアの海岸線は一級の波が豊富で“サーファーの天国”として名を馳せます。

オーストラリアのサーフビーチは、東西の太平洋、西のインド洋、南の南極海から誕生しました。グレート・オーシャン・ロード沿いのビクトリア州のサーフコーストへの玄関口である、トーキーの近くに所在する象徴的なベルズビーチを訪れてみましょう。ニューサウスウェールズ州では、バイロン湾、ニューキャッスル、シドニーおよびその南海岸が優れた環境を作り出しています。クイーンズランド州では、バーレイヘッズに向かうことも、ゴールドコーストのスナッパーロックスで世界最長の波を楽しむことも、あなた次第。南オーストラリア州では、フルリオ、ヨーク、エアの半島や石灰岩の海岸に大きなサーフビーチが点在。ウェスタンオーストラリア州では、パース、マーガレットリバー、エスペランスに豊富にサーフビーチが存在します。タスマニアの南部の海、ホバート、ブルニー島、ローンセストン、デボンポート、マラワに挑戦するのもいいでしょう。

ビクトリア州

メルボルンから南西に向かい、ベラリン半島の安定した環境で時間を過ごし、グレート・オーシャン・ロードのサーフコーストへの入り口であるトーキーへ進みましょう。毎年のリップカールプロサーフ&ミュージックフェスティバルバードロックの本拠地である、伝説のベルズビーチを訪れることもお忘れなく。人気のジャンジャク、ポイントインポッシブル、ポイントデンジャーでは穏やかな波が楽しめます。 ブギーボードを使用したり、アングルシーや近くのフェアヘイブンでサーフィンの練習に励むのもおすすめです。ローンのライトハンダーまたはビーチブレークからお好みをお選び下さい。アポロ湾とオットウェイ岬を抜けたところにあるシップレック海岸では、ほぼ常にサーフィンを楽しむことができます。ワーナンブール、ポートフェアリー、ポートランドでも素晴らしいサーフビーチに出会えます。さらに、メルボルンの南東、モーニントン半島のビーチ、またはフィリップ島の東へ…。

ニューサウスウェールズ州

シドニーでは、市内中心部から数々のビーチにまでバスで簡単に移動することができます。ボンディで練習に励むことも、タマラマ、ブロント、マルブラで波に挑戦することもあなた次第。さらに、マンリーでサーフィンに興じたり、クイーンズクリフ、カールカール、ディーワイ、ナラビーン、アヴァロン、パームビーチで穏やかな波を乗りこなしてみましょう。シドニー北部のセントラルコーストでは、アボカビーチ、テリガル、ニューキャッスルを試してみるのがいいでしょう。さらに北に進むと、バイロンベイへの到着前に姿を表すのは、クレセントヘッド、アングリーサーフィンリザーブが。シドニー南部では、ロイヤル国立公園やクロヌラ周辺の多くのサーフィンの穴場を訪ねてみましょう。さらに南下すれば、ポートケンブラ、キラリア州立公園、ジャービス湾が眼下に広がります。

クイーンズランド州

サーファーの天国であるゴールドコーストで波に触れてみることから始めましょう。クーランガッタ近くのスナッパーロックススーパーバンクでは世界最長の波に出会えます。北に向かえば、カランビン、パームビーチ、バーレイヘッズ、ノビービーチ、マーメイドビーチ、ブロードビーチなどが群雄割拠しています。

ノースストラドブローク島でサーフィンの練習を積み、ゴールドコースト航路を介して、サウスストラドブローク島までパドリング。ブリスベンの後に、サーファーを手招きするのは、人里離れた場所に佇む、ブライビー島とモートン島のビーチ。カルンドラ、ムールーロバ、マルーチードール、クーラムビーチ、ヌーサヘッズでは、サンシャインコーストの綺麗で穏やかな波をお楽しみください。さらに、茂みに囲まれる自然本来の姿が美しいビーチであるヌーサでサーフィンの基本を学ぶことも。

 

オーストラリアのその他の3箇所のビーチについては次の記事でご紹介します。

Comments are closed.