コスタリカのカリブ海沿岸で最高のサーフィンスポットまとめ

コスタリカのカリブ海沿岸には素敵な波が勢ぞろい。波は強力で、うねりの迫力は相当なもの。経験豊かなサーファーでなければ、危険すら伴います。とはいえ、他の国や地域でも言えるように、この国にも、初心者や中級者が楽しむことのできるスポットがあります。今回は、コスタリカの中でも最も人気のあるサーフィンスポットをご紹介します。

エル・バルコ

かの有名なサルサ・ブラバからそう遠くない、プエルト・ビエホに位置するエル・バルコは、初心者や年齢の低いサーファーに向いているスポットです。この場所の名前は、あたりを運行した古いバージから来ています。ここには、北側を中心として、いくつかのポイントがあります。潮が高く、うねりは少ない時にサーフィンをするのが理想的です。

プラヤ・ネグラ

プラヤ・ネグラはリモンから約1時間南に行ったところに位置する美しき黒い砂浜。三度ボトムのブレイクなので、初心者と中級のサーファーの両方に適しています。小さめではありますが、水面ににたくさんのうねりがあるときには注意が必要です。海が浅くなり、ブレイクが沖に遠ざかる傾向にあります。ビーチの南端にはサンゴ礁があり、たくさんのウニが生息しているので、水中では十分に予防措置を取ってください。この場所は、潮が高い時に最適です。また、車内には貴重品を置いておかないようにしましょう。車上荒らしは、残念ながら、ここでは珍しいことではありません。

プラヤ・コクレス

プラヤ・コクレスはプエルト・ビエホを少しすぎた所にある美しいビーチです。この人気の高いサーフスポットには、たくさんの強い海流があり、初心者向きではありません。複数のピークがあり、胸や頭の高さにあるときには最も楽しめることでしょう。それよりも大きくなると、中空が生じる傾向にあります。

プラヤ・ボニータ

プラヤ・ボニータは、地元の人々の間では、特に週末に人気があります。リモンの北端に位置し、ビーチと岩礁の両方が目に止まります。このスポットは、中級者や経験豊富なサーファーに適しています。波は大きくなり、多くの場合、強力になりがちです。しかし、この場所でサーフィンを楽しむにはある程度のうねりが必要です。ここでは、どのブレイクでサーフィンをするかに応じ、中程度〜高めの潮があるときを狙うのが理想です。コスタリカでサーフィンをする時には(そして、他のどこであろうとも)常に地元の人々を尊重しましょう。

ロス・トゥンボス

ロス・トゥンボスはプラヤ・ボニータのすぐ南に位置している、ボディーボーダーにとっての楽園です。ロス・トゥンボスは非常に速い中空のビーチブレイクを誇り、ボードを壊すことで知られています。経験豊富なサーファー、ボディーボーダー以外は、ここではパドルアウトしないようにしてください。うねり次第で、波の長さは300メートル、高さは3メートルにまで到達することがあります。

サルサ・ブラバ

サルサ・ブラバは、コスタリカ全土で最も有名なスポットの一つです。世界各地からのサーファーが、この波に狙いを定め、コスタリカのカリブ海沿岸にやってきます。サルサ・ブラバには、最も経験豊富で自信のあるサーファーだけが挑戦すべきでしょう。大量の岩があり、潮流は予測不可能で、波は非常に浅いサンゴ礁でブレイクします。この場所の世界的に有名な波は、大きなうねりを見せ、巨大なバレルを生み出します。カリブ海沿岸でうねりが楽しめる季節は、主に12月から3月の間ですが、ピーク時以外でもサーフィンに興じることは可能です。しかし、サルサ・ブラバは何と言ってもうねりの季節に訪れるべきでしょう。

イスラ・ウヴィタ

リモンからボートでわずか40分の場所には、鋭いサンゴ礁に囲まれた小さな島、イスラ・ウヴィタがあります。 ここには、危険ではあるものの完璧なレフトのポイントブレイクが。波の高さは身長の3倍を超えることもあります。島は未開発であるため、事故が発生した場合を考えると、より一層安全面での懸念があります。このスポットは初心者サーファー向けではありません。波は速く、中空で、パワフルで、浅いサンゴ礁でブレイクします。適切な時期に、すべての条件が満たされれば…周りにほとんどサーファーがいない状態で、最高のサーフィンが楽しめることでしょう。

Comments are closed.