タイでのサーフィン

サーフィンはタイは代表する人気のスポーツとなっています。タイに観光で訪れる人の多くが、初心者であれ、熟練のサーファーであれ、ここでサーフィンを楽しんでいます。海岸はおよそ2000kmに伸び、美しいビーチが溢れ、この国でサーフィンが人気な理由を推し量るのは難しくありません。タイ各地で素晴らしいサーフスポットを見つけることができますが、プーケットは特に、サーフィンの聖地として有名です。

一貫した環境が揃い、プーケットでは毎年、数々のサーフィンコンテストが開催されています。東海岸やサムイ島などは、サーフィン愛好家の間で高い人気を誇りますが、中国や日本といった方面、つまり、北部からのモンスーンの影響で、一貫した条件は整いにくくなっています。タイの西海岸は、スリランカやインドネシアから吹くモンスーンの恩恵を受け、素晴らしい波を誇ります。それでは、以下に、タイの中でも有名なサーフィンスポットをご紹介します。

タイを代表するサーフィンスポット

ナイハンビーチ:様々な風と波で、うねりの大きさは0.5mから3mになります。波の強さは初心者から中級者向きで、ビーチのスペースが南に、そして、ビーチと岩礁が北部に存在します。

カタノイビーチ:風は東南から北西に吹き、0.5mから2mの波が生まれます。この波は全ての潮とビーチによる干渉を受けるので、その結果、初心者や中級者のサーファーにとって絶好の具合に調整されています。

カタノイビーチ:風は東南から北西に吹き、0.5mから2mの波が生まれます。この波は全ての潮とビーチによる干渉を受けるので、その結果、初心者や中級者のサーファーにとって絶好の具合に調整されています。

カリムビーチ:風は南東から北東に向かって吹き、中程度の潮が0.5mから3mの高い揺らぎを生み出します。浅い岩礁の存在により、ここにある波は中級者に最適となっています。

カマラビーチ:変化のある風と全ての潮により、揺らぎは0.5mから3mにまで変動します。波の具合は、初心者、中級者、そして上級者の全てに向いています。揺らぎが1m以下の時には潮が低いのが理想的ですが、揺らぎが1m以上の時には、どのような潮の高さでも問題ありません。揺らぎが高い時には、中くらいの潮が狙い目で、上級者はその他のポイントブレークも責めることができます。

スリンビーチ:潮の高さに関係なく、ここの風はわずかです。揺らぎは0.5mから2mで変動し、初心者から、中級者、上級者まで最適な条件を探すことができます。

ナイヤンビーチ:風はわずかで、中くらいの潮だと1mくらいになり、高い潮はそれを超えます。揺らぎは0.5mから3mで、岩礁の外までの長いパドルが必要となるため、波は中級者に適しています。

Comments are closed.