サーフィンを始めたい人の必須アイテム

サーフィンを始めてみたいけれど何が必要なのか分からないという人へ、これは欠かせないというアイテムをまとめてみました。種類もデザインもさまざまなので、必要なものが分かったらお店へ足を運んで、自分にぴったりのものを選びましょう。

 

まず欠かせないサーフィンのお供となるのが車です。波を求めてさまざまな場所へ移動するので、メンテナンスを念入りに、安全運転でいきましょう。

 

サーフボード

これがなくてはサーフィンではありませんよね。サーフボードには主にファンボード、ショートボード、ロングボードの3種類があります。このボードの種類は好きなものを選ぶのではなく、体格、自分の乗りたい波や経験、どんなふうに楽しみたいかなどによっておのずと決まってきます。

まず初めての人にはファンボードがオススメです。浮力が高く安定感があるため乗りやすく、小さな波に乗る場合に向いています。大きくいい波はなかなかやってこないので、小波でこまめに基礎的な練習を積み重ねると、上達も早くなります。

がっつりと楽しみたい人にはショートボードですね。頻繁に海に出られる環境にある人や、体力に自信がある人にオススメです。ファンボードで経験を積んで思いきり波を楽しみたくなったら、こちらに切り替えたいですね。浮力が低いので、いきなりこちらから始めると難し過ぎて挫折してしまうかもしれません。

ゆったりとサーフィンを楽しみたいという人はロングボードを使ってみてください。こちらはショートよりも浮力が高く、初心者でも挑戦しやすいボード。波も特に選ばないので、サイズはビッグながらほとんどのシーンをカバーしてくれます。体力の加減や女性の人でもターンがしやすいように、セミロングサイズを展開しているお店もあります。

 

リーシュ

自分にあったサーフボードが決まったら、次はリーシュを選びましょう。リーシュはサーフボードと自分の足首とをつなぐためのコードです。これは海でボードから体が離れたときに自分とつないでおくためのものですが、足の届かない場所で楽しむサーフィンでは、ボードが浮き代わりとなるので、安全のためにも欠かせないアイテムです。長すぎると周囲の人にぶつかってしまう可能性があるので、長すぎず短すぎないものを選ぶ必要があります。初心者の場合はボードから離れてしまうことが多くリーシュに負荷がかかってしまうので、太めのものを選ぶのがポイントです。リーシュをつけて乗るのは必須なので、予備も用意しておきましょう。

 

デッキパッド

こちらはサーフボードの足を乗せるデッキ面に貼る滑り止めパッドです。足の位置の目安になるので、慣れないあいだは体に正しいポジションを覚えさせるためにも頻繁にチェックしましょう。こちらは貼ってからサーフボードへ定着するまでに丸一日かかることがあるので、あらかじめ貼りつけておきましょう。サーフボードに合わせてデザインを選んでみてくださいね。

 

フィン

舵取り役に欠かせないのがフィンです。こちらは海に接する裏側の面につけるものです。つける種類や本数などによって波乗りスタイルが変わってくるので、慣れるほどこだわりの出る部分かもしれません。フィンには着脱タイプと一体化タイプがありますが、車で移動して乗ることが多かったり、収納スペースに限りがあるという場合、リムーバブルタイプが便利でしょう。取り外しができるので、好みが分かるまでの初めのうちはいろいろなフィンに挑戦してみたいですね。

 

ワックス

ワックスは足を乗せるデッキの面に塗ることですべり止めとして使います。しっかり塗っておかないと、足がすべってしまっていい波を逃してしまうので必需品ですね。ワックスは季節ごとに分かれているほど種類が豊富です。主な種類はベースコート、クール(春、秋)、コールド(冬)、ウォーム(初夏)、トロピカル(真夏)となります。メーカーによって使用時期の違いがありますので、必ずチェックしてくださいね。

 

 

年中楽しむためにはウェットスーツ、中古のサーフボードや使用中の傷を修繕するためのリペアなど、必要なアイテムはまだあります。軽やかな見た目とは違い、なかなか忍耐力のいるスポーツですが、その魅力ははかりしれません。

秋から冬にかけては人が比較的少なく、地道に練習を重ねるにはこれからの季節が最適です。サーフィン自体はほぼ季節を問わず楽しめるので、これから始めようかという人は、アイテム選びから楽しみましょう。お気に入りのアイテムでサーフィンライフを満喫してくださいね。

Comments are closed.