サーフィンを始めたい人の必須アイテム

サーフィンを始めてみたいけれど何が必要なのか分からないという人へ、これは欠かせないというアイテムをまとめてみました。種類もデザインもさまざまなので、必要なものが分かったらお店へ足を運んで、自分にぴったりのものを選びましょう。

 

まず欠かせないサーフィンのお供となるのが車です。波を求めてさまざまな場所へ移動するので、メンテナンスを念入りに、安全運転でいきましょう。

 

サーフボード

これがなくてはサーフィンではありませんよね。サーフボードには主にファンボード、ショートボード、ロングボードの3種類があります。このボードの種類は好きなものを選ぶのではなく、体格、自分の乗りたい波や経験、どんなふうに楽しみたいかなどによっておのずと決まってきます。

まず初めての人にはファンボードがオススメです。浮力が高く安定感があるため乗りやすく、小さな波に乗る場合に向いています。大きくいい波はなかなかやってこないので、小波でこまめに基礎的な練習を積み重ねると、上達も早くなります。

がっつりと楽しみたい人にはショートボードですね。頻繁に海に出られる環境にある人や、体力に自信がある人にオススメです。ファンボードで経験を積んで思いきり波を楽しみたくなったら、こちらに切り替えたいですね。浮力が低いので、いきなりこちらから始めると難し過ぎて挫折してしまうかもしれません。

ゆったりとサーフィンを楽しみたいという人はロングボードを使ってみてください。こちらはショートよりも浮力が高く、初心者でも挑戦しやすいボード。波も特に選ばないので、サイズはビッグながらほとんどのシーンをカバーしてくれます。体力の加減や女性の人でもターンがしやすいように、セミロングサイズを展開しているお店もあります。

 

リーシュ

自分にあったサーフボードが決まったら、次はリーシュを選びましょう。リーシュはサーフボードと自分の足首とをつなぐためのコードです。これは海でボードから体が離れたときに自分とつないでおくためのものですが、足の届かない場所で楽しむサーフィンでは、ボードが浮き代わりとなるので、安全のためにも欠かせないアイテムです。長すぎると周囲の人にぶつかってしまう可能性があるので、長すぎず短すぎないものを選ぶ必要があります。初心者の場合はボードから離れてしまうことが多くリーシュに負荷がかかってしまうので、太めのものを選ぶのがポイントです。リーシュをつけて乗るのは必須なので、予備も用意しておきましょう。

 

デッキパッド

こちらはサーフボードの足を乗せるデッキ面に貼る滑り止めパッドです。足の位置の目安になるので、慣れないあいだは体に正しいポジションを覚えさせるためにも頻繁にチェックしましょう。こちらは貼ってからサーフボードへ定着するまでに丸一日かかることがあるので、あらかじめ貼りつけておきましょう。サーフボードに合わせてデザインを選んでみてくださいね。

 

フィン

舵取り役に欠かせないのがフィンです。こちらは海に接する裏側の面につけるものです。つける種類や本数などによって波乗りスタイルが変わってくるので、慣れるほどこだわりの出る部分かもしれません。フィンには着脱タイプと一体化タイプがありますが、車で移動して乗ることが多かったり、収納スペースに限りがあるという場合、リムーバブルタイプが便利でしょう。取り外しができるので、好みが分かるまでの初めのうちはいろいろなフィンに挑戦してみたいですね。

 

ワックス

ワックスは足を乗せるデッキの面に塗ることですべり止めとして使います。しっかり塗っておかないと、足がすべってしまっていい波を逃してしまうので必需品ですね。ワックスは季節ごとに分かれているほど種類が豊富です。主な種類はベースコート、クール(春、秋)、コールド(冬)、ウォーム(初夏)、トロピカル(真夏)となります。メーカーによって使用時期の違いがありますので、必ずチェックしてくださいね。

 

 

年中楽しむためにはウェットスーツ、中古のサーフボードや使用中の傷を修繕するためのリペアなど、必要なアイテムはまだあります。軽やかな見た目とは違い、なかなか忍耐力のいるスポーツですが、その魅力ははかりしれません。

秋から冬にかけては人が比較的少なく、地道に練習を重ねるにはこれからの季節が最適です。サーフィン自体はほぼ季節を問わず楽しめるので、これから始めようかという人は、アイテム選びから楽しみましょう。お気に入りのアイテムでサーフィンライフを満喫してくださいね。

サーファーが思う“サーフィンのこれが大っ嫌い”4つのこと

 

 

サーフィンを今から始めようと思っているあなたに捧げます、この記事を。または、サーフィンが嫌いだというあなた。是非とも、この記事を読んで、サーフィンの嫌なところをご理解ください。なぜ、サーフィン人気向上を後押ししようとしているこのサイトが…サーフィンの嫌なところを?

 

サーフィンが好きだからこそ、中立的な目線を持つことも大事だとは思いませんか?多少のマイナス面がありつつ、この素敵なスポーツが成立しているのだとわかってもらう機会になるかもしれませんし、もしくは、「ああ、わかる!」という共感を持って頂けるかもしれません。

 

いずれにせよ、酸いも甘いも両方を理解することは、サーフィンを深く知る上で重要でしょう。それでは、サーファーが「もう嫌だ!」と叫びたくなる、サーフィンのちょっとイラっとする部分を見てみましょう!

 

1 北風

 

サーファーは暑さには強いもの。そして、これが意味することはわかりますね?そうです。北風には弱いのです。ビューと吹かれると、一気に、ガタガタ震えてしまいます。もちろん、中には、寒さにも強い、ネオ・サーファーが存在することでしょう。しかし、大方は、この北風を嫌うものです。せっかくなら、太陽が燦々と降り注ぐ海で、日焼けをしながらサーフィンを楽しみたいものですね。ただしウィンドサーフィンをする際には、決して悪くないもので、こんな“敵に見られがちな”北風でさえも味方につけたい…そう思えます。

 

2 ガラスの破片

 

サーフィンは安全第一。もちろん、安全なくして素敵なサーフィンの時間は確保できません。そんな意味で、ガラスの破片は私たちの天敵です。海には脅威が無数に存在しています。例えば、サメが真っ先に想像できるでしょう。しかし、サメは意外と一番の危険ではないのです。むしろ、岩場(足を引っ掛けて出血)や、ちょっとしたガラスの破片などの方が“遭遇”する可能性は高く、要注意です。例えば、岩や岩礁はどれだけ気をつけていても、不意にぶつかってしまったり、踏んでしまったりするものなので、簡単には避けられません。

 

3 人混み

 

サーフィンは場所選びから始まる。そんな言葉があったりなかったり。つまり、どれだけ整ったビーチを見つけ、そこでサーフィンを始めることができるかがとっても重要なのです。人混みは絶対に避けたいものですね。もちろん、海水浴客がいっぱいいる場所でのサーフィンはそもそも禁止されたりするもので、その場合には、明らかに理解できるのですが…サーファーでごった返している場所も、厄介ですね。落ち着いて波に集中することができません。そもそも、サーフィンの醍醐味は、自然を感じることです。人がうじゃうじゃいては、全く、海と繋がることができません。よく友達との繋がりとのためにサーフィンをするという人がいます。それは決して悪いことではありません。むしろ、そのようなコミュニケーションのつてとしてサーフィンが活躍しているのは嬉しいことです。これと、人混みは別物です。あまりにも定番の“波がいい”場所を選んでしまうと、ハイシーズンには、人と人の間を搔きわける必要すら出てきます。そんな場所では、まともにサーフィンの練習ができないことは、いうまでもありません。こんな考え方をしてみるのが私のおすすめです。サーフィンは、自然と、ひいては海と一体になるための手段でしかない。サーフィンを極めている人には怒られそうですが、こんな考え方もできるのではないでしょうか。なので、本当に、どれだけ美しい海でサーフィンができるかが重要です。一度、まだの人は、海外の綺麗な海でサーフィンをしてみることをおすすめします。アメリカの西海岸でもいいですし、イタリアでもいいですし…とにかく、「この海でサーフィンができていて幸せだ」と思える経験は大事ですね。

 

4 濡れたウェットスーツ

 

悪夢ですね。冬の凍えるような日に、ひんやりとしたウェットスーツを着る瞬間。そして、海から上がって、濡れたままのウェットスーツ姿で佇むそのひととき。もちろん、サーフィン前には、ワクワク感が、そして、サーフィン後には達成感がありますが…凍えるような思いはできるだけしたくないものですよね。これを防ぐには、やはり投資でしょうか。高品質なウェットスーツは確実に違いをもたらしてくれます。どうしても、この瞬間のせいでサーフィンを敬遠してしまう人は、少し思い切って投資するのがいいかもしれませんね。

 

サーフィンのおかげでわかった“人生を豊かにする”2つの学び

サーフィンは単なるスポーツでしょうか?いいえ、そんなことはありません。サーフィンは、あらゆる意味で人生と似ています。実際、サーフィンにはまっている人はこれに同意できるのではないでしょうか。そこで、今回は、サーフィンをやったことがない人でも、サーフィンの良さに触れられるように、サーフィンと人生を結びつける学びをまとめたいと思います。

 

  1. 人の群れと自分の存在

 

例えば、湘南などの海を考えてみましょう。シーズンになると、ふつう混雑するものです。 たくさんの人が砂浜に集まります。 波がいい感じの典型的な晴れた週末の日には、水は何百もの小さな黒い点でいっぱいになっています。その瞬間、私はこう思いました。うまくサーフィンができなかったら、どうしよう。周りの人はうまいのに自分だけ完璧じゃない。そこから数ヶ月間、混み合った場所に行くのも嫌になりました。自分の能力が不安だと感じました。どうも、私はその集団に溶け込めているとは思わなかったのです。ただ雨になるまで待つか、波が不安定で、他にまともなサーファーが気にしないときに出かけるようになりました。 しかし、水の中で時間を過ごすうちに、何かを感じました。そこに存在する数百の人々のうち、ほんの一握りしか実際に波を求めていなかったのです。 残りの人はただ、周りに座って砂浜でくつろいだり、友達と話をしたりしているだけでした。つまり、こういうことです。私は、無駄に、頭の中で色々と考えて時間を無駄にしていたのです。存在しないはずの「競争」によって脅かされて、日々を過ごしていました。無駄な考えがどんどん頭の中に湧いてくるのは正常なことです。人間は不安に対して敏感です。でもサーフィンは教えてくれました。ありもしない不安や心配を自分自身で作りあげる必要などないのだと。

 

  1. いっときの強烈な努力など必要ない

 

突然ですが、作家になるにはどうすればいいでしょうか?もちろん 「椅子に座る」時間を多く設ける必要がありますね。これと同じことがスポーツにも言え、サーフィンの場合も同様です。サーファーになるためには、そしてサーフィンに親しむためには「水に浸かっている」時間が必要なのです。

 

実際のところ、あなたがサーフィンを行うときに、何かのインスピレーションを受けて、いきなり大量に練習をしても、それはあまり重要ではありません。大事なのはその日1日だけの集中的な努力ではなく、サーフィンに触れている時間をどれだけ、継続的に確保するかどうかです。最初にうまくいかないのは当然です。最初から波に乗れるような人はまずいません。周りにうまい人がいると、自分との比較で、悲しくおもえることもあるでしょう。しかし、焦らないでください。1日に死ぬほど練習をするだけでは、大きな成果にはつながりません。私がサーフィンをした最初の6ヶ月の間は、一つも波に乗ることができませんでした。しかし、これで話は終わりません。なんと、次の6ヶ月間で、かなり波に乗れるようになったのです。私が海で過ごした時間の大部分は、パドリング、転倒、パドリング…嫉妬。よく他のうまいサーファーたちを見ていました。それから私は家に帰り、疲れていて、欲求不満になりました。しかし、このような時間は無駄ではありませんでした。波がどのように動いていたか。どこで波に乗るべきなのか。ボード上のどこに立てばいいのか。自分のポジショニングはどうなのか。潮が変化したときに入るべきか。このような一つ一つを体で学び、そして目で観察しました。 私はこの変化の凄さを知っています。ある日、突然、私は波に乗れるようになりました。そのときには、もう無意識や本能が働いていたようです。 今言えるのは、最初に水の中で過ごす時間の重要性です。とにかく、継続が必要なのです。

 

今回は、初心者の人が特に陥りがちな考え方について取り上げることになりました。誰もが初心者を辿り、サーフィンを上達させていきます。だからこそ、サーフィンが楽しめるのです。このような気持ちになったときには、私の学びを活用してください。きっと、気が楽になるはずです。これだけで、前に進むための大きな力になるでしょう。