初心者のためのサーフィン用具

海は、サーフィンなどのアクティビティを行い、生きていると感じるのに最適な場所です。 サーフィンはあらゆる人々にスポーツです。ある人は情熱を傾け、またある人はストレス解消のために楽しみます。初心者のサーファーの皆さん、誰もが最初は失敗することを忘れないでください。基礎を学ぶことは非常に重要です。まずは、サーフィン用具を選ぶことから始めましょう。初心者の方には、以下のリストをお勧めします。

サーフボード

もちろん、サーフィンをするためには、サーフボードが必要ですが、初心者の方には単なるサーフボードだけでは不十分です。初心者はより大きなサーフボードを使用し、可能であればフォームボードを使用することをお勧めします。このようなボードは体に当たっても怪我をしないように設計されており、さらに安定してバランスを取ることができます。

ウェットスーツ

すべてのサーファーは、着心地がよく、体を楽に動かすことができ、体を暖かく保つウェットスーツを確保すべきです。どんなに冷たい水でも、ちゃんとしたウェットスーツがあれば、体を温かく保ち、長時間のサーフィンが楽しめます。どのウェットスーツがいいのか全く分からない場合は、地元のサーファーに助けを求めることができます。ウェットスーツなしで行けるほど水が温かい場所では、ボードショーツ(男性)または水着(女性)でも問題ありません。 市場に出回っているウェットスーツを幅広く扱うウェブサイトのリストと、初心者のための一般的な購入ガイドはこちらに示す通りです。

サーフボードリーシュ

サーフィンを習いたての段階で、ボードに立つのは難しいかもしれません。 波が予測できず、完璧な場所に立たない限り、すぐに倒れてしまいます。そんな時でもサーフボードリーシュは、ボードの場所を常に把握するのに役立ちます。ボードから落ちるたびに焦る必要はありません。逆にリーシュが無いと、毎回、泳いでボードを探すことになります。

ワックス/テールパッド

フォームボードでもハードボードでも関係なく、それが濡れている時には、滑りやすくなるものです。そこでワックスを塗って、しっかりとしたグリップを確保しましょう。デッキパッドは、ボードに使うもので、これが滑りを防ぎます。テールパッドはワックスほど必須のものではありませんが、ボードの上に立つ時に、より強いグリップを演出するのに効果を発揮します。

本質的には、大きなサーフボード、ウェットスーツ、サーフボードリーシュ、ワックスがサーフィンを開始するために必要なサーフィン用具です。初心者へのアドバイスとして…サーフィンは楽しいスポーツですが、まだ、自分に向いているか分からない時には、高価な用具の購入は避け、レンタルをしてみてください。あらゆる地域のサーフショップでは、サーフボードやウェットスーツなどのレンタル用品が提供されています。

初心者のためのサーフィンの場

サーフィンは、ずっと挑戦しようと思いつつも、決して手を出すことができない類のスポーツ…でしょうか。今こそ、始めましょう。あなたの世界は文字通り、そして比喩的に、着実に終わりへと向かっています…。これに挑戦できるうちに、人生の“ポイントブレイク”にアタックしてみようではありませんか。老いた犬に新しい芸を教え込むことはできませんが、人間がサーフボードでバランスを取るのに遅すぎることはありません。そこで今回は、冒険に出かけるためにうってつけの、初心者向けスポットをご紹介します。

サーフィンは、ずっと挑戦しようと思いつつも、決して手を出すことができない類のスポーツ…でしょうか。今こそ、始めましょう。あなたの世界は文字通り、そして比喩的に、着実に終わりへと向かっています…。これに挑戦できるうちに、人生の“ポイントブレイク”にアタックしてみようではありませんか。老いた犬に新しい芸を教え込むことはできませんが、人間がサーフボードでバランスを取るのに遅すぎることはありません。そこで今回は、冒険に出かけるためにうってつけの、初心者向けスポットをご紹介します。

ハワイ、ワイキキ

ワイキキビーチよりもパドルが簡単に練習できる場所はないでしょう。波と戦う必要がないので、新しい技の習得に多くのエネルギーを費やすことができます。このステージは、まさにあなたの成功のために用意されているようなもの。水は暖かく、天気は完璧。そして、周りには、技量をいちいちチェックしない初心者が大勢。明るいピンク色の外観が美しいロイヤルハワイアンが予約でいっぱいなら…その名前にかこつけてMoana Surfriderに泊まってみるのはいかがでしょうか?ビーチ目の前というロケーションと、ロッキングチェアで彩られたポーチも注目です。

オーストラリア、バイロンベイ

初心者に人気のサーフィンの名所のために、ティムタムとベジマイトの国へ向かいましょう。オーストラリア南東部のバイロンベイは、世界で最も有名なサーフスポットのひとつです。 晴れやかな青い水は初心者にぴったりで、Soul Surf Schoolでレッスンを予約することで、この訪問を最大限に活用することができます。4時間のセッションがわずか65オーストラリアドルから。サーフィンの練習に疲れたら、The Atlantic Byron Bayと名付けられたコテージで、サーファーにぴったりなライフスタイルを演出してみるのもいいでしょう。

コスタリカ、タマリンド

険しいサンゴや岩礁を避けながらするサーフィンの練習など…考えるだけで恐ろしいもの(『Forgetting Sarah Marshall』を観たことのある人ならより共感できるはず…)。プラヤ・タマリンドの砂浜ビーチでは、このような心配はどちらも当てはまりません。緑豊かな丘の上にある豪華なビーチフロントホテル、Andaz Costa Rica Resort(パパガヨ半島)も要チェックです。Andazは、最近、エイズ撲滅に向け活動するボノの非営利団体(RED)と提携しており、休暇中でありながら軽くボランティアに参加している気分にも浸れます。カバナを予約すると、ホテルはREDに料金の30%を寄付します。100ドル分のスパクレジットがプレゼントされ、カバナでの無料のカクテル、ジュース、ランチまでついてきます。

カリフォルニア州、サン・オノフレ

サーフスポットの中には、ジョーズやサイクロプスのような恐ろしい名前があります。是非ともそんな場所は避け、サン・オノフレの州立ビーチであるオールドマンズで気楽にサーフィンを楽しみましょう。サン・クレメンテのStewart Surfboardsの人々がレッスンに勤しむ姿を見るだけでも心が和みます。次のレベルに進む準備ができたら、Stewart Surfboardsのビル・スチュワート氏から伝説のボードを購入するのもアリでしょう。スチュワート氏(『ケンタッキー最高のサーファー』の異名を持つ)は、そのキャリアで4万個以上のボードを作りあげてきました。サン・クレメンテのビーチと桟橋のすぐ横にある、お洒落な10室のブティックホテルCasa Tropicanaは、オールドマンズから15分ほどでアクセスでき便利です。豪華な装飾が施されたリゾートをお探しなら、車でさらに15分移動したところにあるリッツ・カールトン・ラグーナ・ニゲルがおすすめです。