フィリピンで最高のサーフィンスポット

フィリピンは、美しい島々と自然を残した海岸線のおかげで、ゆっくりとリラックスしながらサーフィンが楽しめる場所として人気を博しています。群島に点在するスポットの多くはほとんど知られておらず、休憩をするにもサーフィンをするにもオススメです。それでは、フィリピンで今一番アツいサーフスポットをご紹介します。

ラ・ユニオン

ラ・ユニオンは、フィリピンで最も愉快で簡単に行くことのできるサーフィンスポットのひとつです。首都から車でわずか5時間のところにあるラ・ユニオンは、初心者(10月から3月)と上級サーファー(12月と1月)の両方を歓迎してくれます。サン・フアンのビーチフロントには、おしゃれなお店、ホステル、レストラン、バーが点在しています。このビーチだけで3つのポイントがあり、サン・フアン・ビーチから車ですぐのところにあるカリルとバクノタンも要チェックです。ラ・ユニオンには、この国で最も手頃な価格のサーフスクールがいくつもあります。初心者は、ここで初めて波に乗るのもアリでしょう。

バレル

「フィリピンでのサーフィン発祥の地」とも呼ばれ、映画『Apocalypse Now』のクルーが撮影に使用したボードを残した後、この国最初のサーフィンがバレルで始まりました。地元の人々はこれの使い方を理解し、歴史が受け継がれてきました。バレルは小さな町で、マニラから6時間ほど山道を進むと到着します。ここの落ち着いた雰囲気と雄大な山々には、時間をかけて旅行してみるだけの価値が十分にあるでしょう。

バレルにある各所のサーフスポットは、一年中、サーフィン初心者にとって最適です。最大の波はセメントリーフにあり、10月から3月にかけて現れます。

サマール島

サマール島の東側はまだ未踏のままですが、人の群れをできるだけ避けたいサーファーにとっては朗報でしょう。主にサンゴ礁を抜けて波乗りを始めることになるので、経験豊富なサーファーに適した場所となっています。パロラとタリセイは、上級者の気持ちを奮い立たせる2つのスポットです。町の近くにあるブルバードは、午前中と夕方に地元の人々に人気のビーチです。10月から3月が、サマール島でのサーフィンに最適な時期となっています。

シアルガオ島

もしバレルが神秘的なフィリピンのサーフィンスポットならば、シアルガオ島は、楽しく愛に溢れた、パーティーをするにはもってこいの場所です。シアルガオ島は、人の少ないビーチ、輝くラグーン、緑豊かなマングローブでいっぱいの美しい島です。フィリピンの最も有名なスポットであるクラウド9があることでも有名で、CNNGoの選ぶ、世界トップ10のサーフスポットの1つにランクインしています。シアルガオ島のサーフシーンの中心に位置する、ジェネラル・ルナから離れれば、そのほかにも素敵なビーチが、島の東側と、ボートで到達できる小さな島々に散在しています。

シアルガオ島には砂浜のスポットがほとんどなく、中級から上級のサーファー向きです。

パガッドパット

この国を代表するサーフィンスポットの一つして、イロコス・ノルテのパガッドパットも忘れてはなりません。それにもかかわらず、パガッドパットはこれまでに言及されたサーフィンスポットの中でもおそらく最も混雑していない穴場でしょう。ここの波は非常に強力ですが、サーフィンの仕方を学ぶには最適なサーフィンスポットです。周辺のいくつかのリゾートでは、サーフィンのレッスンパッケージも用意されています。ここにいる間、パガッドパットのサーフィンの楽園ブルー・ラグーンに行ってみましょう。

サンバレス

フィリピンのザンバレスを含めないと、サーフィンスポットのリストは決して完成しません。休暇を過ごすにはうってつけのサンバレスは、 マニラから車でわずか3時間のところにあり、マニラのサーファーに人気があります。サンバレスには、サン・アントニオ、サン・ナルシソ、サン・フェリペという3つのサーフィンスポットがあります。中でも一番活気があるのがサン・アントニオです。サン・ナルシソは少し離れていますが、注意すべきは流れの強さです。サン・フェリペでは楽しい波に出会えます。サンバレスのうねりは決して大きくなりません。中級や初心者のサーファーが自分のスキルを磨くのに理想的です。

ソルソゴン、グバット

マニラから12時間ですが、グバットの秘密は徐々に消えています。美しきブエナビスタ・ビーチは、ゆったりとしたサーフホリデーに最適です。いくつかのコテージを除いて、この長く続く白い砂浜は完全に未開拓です。農業繁殖地であったため、この場所は「breeding/ブリーディング」と呼ばれています。ほとんどの午後には、地元の人々が波を楽しんでいる様子が見られます。現在のところ、2つのサーフキャンプしかありませんが、ソルソゴンに大量のサーファーが登場するまでそれほど長くはないでしょう。