サーフィンの歴史

サーフィンは地球上最も古いスポーツの一つです。波乗りは、完全なるアスレティシズム、そして、自然の美しさと力強さへの理解の融合から生まれます。サーフィンはまた、それ独自の文化とライフスタイルを作り出す数少ないスポーツでもあります。

およそ3000年前に、木製の板を使った波乗りが西部ポリネシアで始まりました。最初のサーファーは漁師で、彼らは収穫物を岸にまで持って帰る便利な方法としてこれを活用しました。のちに、波乗りは、日々の仕事の一部から、楽しみの一つにまで進化したのです。その変化が現在のサーフィンにまで繋がっています。

スタンドアップサーフィンがいつスポーツになったのかについて、正確な記録は存在しません。15世紀に、サンドイッチ諸島の王や王妃は、古代ハワイ語でいうところの “he’enalu”(つまりウェーブスライディング)に興じていました。 “He’e”は固体から液体への変化を意味し、 “nalu”は波が磯へ寄せる動きを意味します。

歴史的なサーフィンについての記録は、1700年代後半、ヨーロッパ人とポリネシア人がタヒチで初めて出会った時にまで遡ります。ジェームス・クック船長はタヒチ人が遊びの一環として、アウトトリガーカヌーを使って波をとらえる様子を記録に残しています。「私たちのテントがあるマタヴァイポイントを1日ほど歩いたとき、小さなカヌーを素早く漕ぐ男を見つけ、よくよく観察してみることにした。彼は静止すると、波と同じスピードにて、流され、砂浜にまで到着した。すると、また、次の波を求め出発。海により素早くかつ滑らかに運ばれる時、最大級の喜びを感じているのだろうと結論づけざるを得なかった」とあります。

ハワイに最初に移住したポリネシアの人々は、高い可能性で、シンプルなサーフィンのスキルを持ち合わせていたようです。そして、数百年にわたる、ハワイの波との戯れの結果、ハワイ独自のスポーツが誕生しました。

ali’i(つまり貴族階級)であるハワイの人々がサーフィンを楽しみ、そのボードを扱うスキルは高い名声を誇りました。独自の祈祷者、ボード職人、材木が誕生し、ビーチでは特定の高いスキルを持つ人のみがサーフィンに挑戦することができました。そのほかの人は誰も、中途半端な気持ちで、(懲罰を受けるか、死亡することもあり)波に挑戦しません。サーフボードの制作前には聖なる儀式が実施されます。さらに、ボード作りのために使用されるのは3種類の木のみ。ボード職人は、木の根元近くの土を掘り、その穴に魚を置き、神への供物としました。その後、ボードの形成プロセスが始まります。

古代ハワイで使用されたボードの種類は基本的に4つです。
– パイポ/キオエ:2-4フィートの長さの通常子供用のボディーボード
– アライア/オモ:8フィート以上の長さの中くらいのサイズのボード
– キコオ:アライアよりも大きいが最大級ではない, 12-18フィート, 大型のサーフィンに最適, 扱いには高いレベルを要する
– オロ:王族用の非常に長いサーフボード, 18-24フィートになる

サーフィン初日のプログラムについて

The Surf Simplyのスタッフは、25,000人以上の初めてサーフィンを行う初心者の方々をサポートしてきました。波に対して果敢に挑戦する人も、海に入る瞬間から緊張でいっぱいの人もいます。しかし、ただ一つ言えることは、例外なく、皆が、最終的にはサーフィンの初日を楽しむことに成功しています。

最初のセッションでは、初心者向けに、難しい説明は一切行われません。全てが、わかりやすく噛み砕かれ、自信を構築することから着手します。私たちと練習をこなしていく中で、もちろん、高みを目指すこともできます。しかし、全てはみなさん次第です。自分でより高いレベルに挑戦したい人のみが、その道を進めばいいのです。ビーチに向かう前に、30分ほどのコーチとの面会時間が設けられます。この間に、全ての質問をぶつけ、部屋から何を持っていけばいいのか、といった不安を解消してください。

ビーチに移動すると、複数のステップに分けられたセッションが始まります。5分間砂浜で過ごし、スキルの説明などを行い、20分間海の中でそれの練習を行います。決して、いきなり大海原に放り出されることは(比喩的であれば直接的な意味であれ)ありません。生まれついてのアスリートであっても、運動が苦手な人であっても、問題ありません。ただリラクスして、コーチによる手取り足取りの指導にしたがい、終わることのない学びの断片となるひとときをお楽しみください。

通常のよくある指導とは異なり、Surf Simplyでは、ただボードの上に立つことだけに焦点を当てていません。もちろん、ボードに立つために多くのことをお教えしますが、まずは、水の中での効率性について学びましょう。つまり、どのように波を選び、それに乗るのか…といった技術です。次に、寝た状態で、体重移動をしながら波に乗る方法を学びます。これによるカーブや加速といった操作が可能になるのです。90分経過後に、一度、リゾートに戻り、スムージーを楽しみ、ビデオを見てより実践的な動きを学び、鏡の前で自分を見ながら、練習を行います。

ボード上での立ち方を学ぶのは、体重移動を素早く強力に行うために他なりません。これにより、ボードをより正確に操作することができるようになります。ボードの上に立つことは始まりであり、決して目標ではありません。その先にはたくさんの楽しさが広がっています。午後は、実践的な動きを、穏やかな海で試してみます。そして、1日の締めくくりは、今後の練習で扱うことになるスキルやその後の流れの簡単な説明です。どんどんと、楽しさは広がるので、乞うご期待!