サーフィン初心者必須!ウェアの種類

サーフィンをはじめるにあたって欠かせないアイテムのひとつにウェアがあります。初心者の場合は身を守るためにも必須アイテムといえるでしょう。風や天候、外気温や水温に合ったものを使用することでパフォーマンスを最大に引き出すことが出来ます。安い買い物ではないウェアなので、使用頻度や目的を明確にして、ぴったりなものを選びたいですね。

 

フルスーツ

4月~6月、10月~12月

フルスーツは保温性に優れているので、寒い時期にも大活躍してくれます。上下一体型の長袖長ズボンタイプのもので、初心者にはこちらがオススメです。ウェアを着用する目的のひとつにケガの予防があります。不慣れなうちはフルスーツを着用することでケガから身を守りましょう。安価なものも出ていますが、やはりすぐに破れたりとアクシデントが起きやすいようです。最低でも薄手のもので30,000円台から、厚手のものでは50,000円台からのものを選びたいですね。フルスーツはオールシーズン着用が可能なので、できればいいフルスーツを購入して長く愛用したいものです。

 

シーガル

5月~7月、9月~10月

フルスーツの上半身が半袖になったもののことをシーガルといいます。水温がまだ少し低めの時期にはこちらを着用する場合がありますが、日本での使用期間は短めです。外気温の高いところで使用することが多い人にはこちらが向いているでしょう。半袖だからと侮ってはいけません。少しでも冷える環境で使用すると一気に体温を下げてしまいますので、日本で一年中楽しみたいという人はまずフルスーツからの購入がおすすめです。

 

スプリング

7月~9月

外気温も水温もあがる夏真っ盛りのときにはこちらのスプリングが快適です。半袖半ズボンタイプのもので、フルスーツより身軽になるので動きやすさもアップします。くっきりと日焼けしてしまいますので、日焼け対策を忘れずにおこなってくださいね。晴れた真夏の海はスプリングが活躍してくれそうです。

 

ロングスプリング

5月~7月、9月~10月

スプリングの長袖タイプがロングスプリングで、スボン丈が短パンほどの長さの商品もあります。風が冷たく水温は高いというときに向いています。気温が下がる秋頃にも活躍してくれます。上半身の日焼け予防をしたい女性からの人気が高いため、オシャレで種類も豊富です。

 

タッパ

7月~8月

こちらは真夏向けの上半身だけを覆うタイプで、長袖、半袖、ノースリーブがあります。下はサーフトランクスと合わせるラフなスタイルでサーフィンを楽しむ場合に着用します。10,000円~30,000円台のものが多く、お手頃ですね。

 

 

ウェア素材①ラバースキン

ゴムでできているラバースキン素材の特徴は風を通さないため体温を逃がしにくく、暖かさを保てるところです。ただし海水の塩分の影響を受けやすく、長期間使用していると変質してくるため、定期的な買い替えが必要となってきます。

 

ウェア素材②ジャージ

伸縮性があるため着脱のしやすさと軽さが特徴で、長期間の使用にも耐えられます。ただし通気性があるため、雨風の影響を受けやすい素材といえます。体温を奪われやすいため使用する環境に注意が必要です。

 

寒い時期のアイテム

インナーウェア

起毛素材など種類はさまざまで、かたちも上下セパレートタイプや一体型のもの、ノースリーブタイプなどがあります。ウェットスーツの下に着用することで保温性を高めます。

グローブ

体の先端から冷えてくるため、手先の防寒のために着用します。

ブーツ

足元の冷えを予防するために着用します。足袋型などもあり、留め具はマジックテープなど複数展開されています。

 

 

ウェアの手入れ

厳選して手に入れたウェアは少しでも長く使いたいですよね。正しい手入れをすることで大切に、長く愛用しましょう。

まずは水洗いです。砂と海水が付着しているため、このままではとても傷みやすい状態です。家に帰ったらまずたっぷりの水を使ってウェアの水洗いをしましょう。全体に砂汚れなどをやさしく洗い流したあと、水を溜めてウェアにしみ込んだ海水を押し出すようにもみ洗いをします。このときゴシゴシと摩擦を加えないように注意してください。

乾かすときには通気性のよいところで日陰干しをします。太陽光に直接あたると傷みや劣化の原因になりますので避けるようにしてください。

 

 

ウェアは一般的に、2シーズンから3シーズンほど着用できるとされています。塩分濃度の高い海水に浸かるためにどうしても傷みやすく、定期的な買い替えが必要となってきます。今ではオシャレなデザインのものがたくさん出ていますが、まずは自分の身を守るために身に着けるものであるということを忘れずに、使用する環境にあったものを選んで素敵なサーフィンライフをお過ごしください。

Comments are closed.