サーフィン上達へのヒント

サーフィンはマリンスポーツの中、さらにはスポーツ全般の中でもとても難しいスポーツといわれています。その分、波に乗れるようになったときの感動はほかとは比較にならないほどです。気軽に始めてみたはいいけれど、一向に上達する気配がないという人は、これらのことを意識して取り組むと上達への近道が開けるかもしれません。

 

・ボードの種類に気を付ける

・パドル筋を鍛える

・自分が主役だと思う

・サーフィン漬けの毎日を送る

・いい波を経験する

 

≪ボードの種類に気を付ける≫

まず、店に行ったときに初心者用のボードをお任せで選んでもらうのはあまりオススメできません。初心者向けのボードは浮力が高く、次のステップに進もうというときの邪魔をする恐れがあるからです。ただ、いきなり上級者の使うようなボードを使用しても挫折が早まるだけでしょう。店のスタッフはもちろん、初心者の自分よりは知識があるでしょうから、その知識は存分に生かしたほうが得です。その前提で、こちらもある程度調べてはきているよ、というアピールをして本当に上達したいならどれにすればいいのかを教えてもらいましょう。見た目だけのカッコよさで始めただけならこの程度で十分だろう、と思われないよう、サーフィンへの情熱をスタッフにしっかりと伝えましょう。

 

≪パドル筋を鍛える≫

パドリングはサーフィンをするうえで欠かせません。サーフィンが上達するにあたってはじめにするべき体力づくりは、パドル筋を鍛えることでしょう。パドリングができなければ、波に乗ることはできませんし、それ以前に沖に出ることもできないので基礎の基礎といえるでしょう。パドル筋を一番鍛えられる方法はひたすらサーフィンをすることです。しかし、大半の人が毎日サーフィンができる環境にはいません。それを理由にサーフィンから遠ざかってしまうのはもったいないです。せっかくサーフィンと出会えたのですから、基本を身につけて上達への道を歩みましょう。

ではほかの方法はというと、パドルチューブというものを使ったトレーニングが有効だといわれています。これならば毎日海に出る必要もありませんし、仕事から帰ってひといきついたら気軽に始められます。波にのることと比べると地味なものかもしれませんが、上達している人たちは陰で努力をしているものです。今日から早速パドルチューブでのトレーニングを習慣にしましょう。

 

≪自分が主役だと思う≫

サーフィンは複数人が同時に楽しめるスポーツとは少し違います。波をみんなでシェアするわけにはいかないので、自分がサーフィンをしているあいだはみんなの視線が熱く注がれます。それに躊躇してしまうようだといくらいい波がこようともまったく生かせません。サーフィンは自分が主役だ、という気持ちでいてちょうどいいスポーツです。自分の出番が来たら、もっともっと自分を見てくれ!というくらいでいいのです。みんな初めはヘタです。それが当たり前なので、まだうまくないからと人目を気にする必要はまったくありません。そういった面では特に、サーフィンはメンタルがかなり鍛えられるスポーツといえるかもしれません。

 

≪サーフィン漬けの毎日を送る≫

サーフィンの上達を望むのならば、時間の許す限り海に出ましょう。もちろん季節も問いません。悪天候のときに出るのは他人への迷惑にもなりますので当然ダメです。ですが、波に乗れるスポットがある限り、海へと向かいましょう。サーフィンはとにかく経験するのが一番上達が早いです。海に出られないときには欠かさずトレーニングをしましょう。サーフィンを体に染み込ませるつもりで、毎日ひたすらサーフィンに関われるようにしましょう。

 

≪いい波を経験する≫

毎日の努力は、いい波がきたときに発揮されます。いつ最高の波がきてもいいように今までコツコツと準備してきました。時間がある限り海に出ました。それでも波がこない…。のでは、いくら上達のための努力をしてきても限界があります。そのための案として、海外に行くことを検討してみてください。海外に出るといい波に出会える確率も上がります。いい波に乗るという経験ができればもっとやる気が起きて、おのずとモチベーションもアップします。サーフトリップは上達のために必要なものといえるでしょう。

 

颯爽と波に乗る姿はとてもカッコいいですよね。実はとても地味に思える毎日の努力が、あのカッコいい姿を生み出しているのです。上達のためにステップを飛ばすことはできません。コツコツを惜しまず、最高にいい波を満喫してください。