サーフィンに潜む危険…気をつけたい海の生物(クラゲ編)

 

サーフィンを楽しみに海へ…向かったはいいものの…半べそをかきながら帰宅…?そんなシナリオは何が何でも避けたいもの。最高の1日になるはずが、忌々しいトラウマに。サーフィンの基本は、海と仲良くすること。自然の中で行うアクティビティーですから、自然と調和することが大事です。そもそも、海の生物の楽園にお邪魔しているのですから、ちゃんとマナーは守りたいものです。結果的に、これが人間の安全にも繋がりますからね。それでは、サーファーが必ず知っておくべく要注意な海の生物を一挙ご紹介したいと思います。

 

厄介なのはクラゲ

 

まずはクラゲです。サメなどのインパクト抜群な生き物を想像しがちですが、実はクラゲのようなさりげなくいる生き物の方が厄介だったりします。クラゲの毒とはよく言いますが、実際どこに毒があるかご存知ですか?クラゲの毒があるのは触手にある刺胞です。なかなか聞き慣れない言葉かもしれませんが、簡単に言えば毒針です。詳細は以下の通りです。

 

袋状になっており、刺激を受けると袋を反転させながら刺糸をはじきだす。刺胞には、中が中空になっており反転しながら皮膚に刺さるもの、巻きつくもの、粘着するものなどがある。さらにそれを何種類かにわけることができる。種類によっては毒の成分なども違い、クラゲなどに至ってはクラゲとポリプ世代で違う刺胞を持つタイプもある。

 

この毒針にやられてしまうと、とんでもない痛みに襲われます。またクラゲとは厳密には違う生き物でカツオノエボシというものもいます。これはクダクラゲ目カツオノエボシ科 で、見た目は、膨らんだビニール袋か何かのよう。これは猛毒があり、痛みは尋常じゃありません。これに刺されて死んだ人の記録もあるほどです。見た目はクラゲのようですが、実は、これは、1つの個体ではなく、無数のヒドロ虫の集合で構成されています。いわゆる群体です。もし、万が一にもこれに遭遇したら、絶対に触らないようにしてください。触手(下に向かってだらんと垂れている)に触れると、その表面の細胞から刺胞(先ほども登場した毒針です)が発射される習性を持っています。普通、クラゲに刺されたら酢をかけるという対処がありますが、このカツオノエボシの場合には、逆効果となるので気をつけてください。恐るべきことに、何と死体であっても触手に触れると毒針が発射されます。

 

 

では、このカツオノエボシに刺された場合、どのように対処すればいいのでしょうか?まずは、触手を除去しましょう。しかし、これはさらに毒針を発射する可能性があるので、周りの人が素手で触れることのないようにしましょう。分厚い手袋をつけるか、タオルなどを使ってください。これを取り除いたら、冷水で冷やします。そして、病院に直行しましょう。海水で洗うのも有効です。しかし、真水は使わないようにしてください。浸透圧の関係から、毒が体にどんどん染み込むのを助長してしまいます。ちなみに酢を使うべきはハブクラゲに刺された場合です。これの違いをよく見極めるようにしてください。ちなみにカツオノエボシは少し青みがかった浮き輪のようなものが海上に飛び出しているので、よく見れば普通のクラゲとの違いがわかります。

 

サーファーとして知っておくべきは、クラゲが発生する場所や時期でしょう。とにかく、クラゲの大量発生に居合わせないようにするのが最善です。さらに温度の高い時には長袖のラッシュガードなどを着用するようにするのがおすすめです。加えて、クラゲに刺されるのを防止するためのクリームも売られています。利用して損はないでしょう。そのようなクリームの多くが日焼け止めの効果を備えているので、一石二鳥です。

 

クラゲを甘くみてはいけません。印象が強くないものの、実際にこれの被害にあうサーファーの数は計り知れません。時期で言えば、お盆過ぎにはアンドンクラゲによる被害が増える傾向にあります。おおよそのクラゲ大量発生の情報はネットから簡単に手に入ります。サーフィンに出かける前には必ず、情報を十分に獲得するようにしましょう。特に気温の変化や台風などの現象がクラゲの発生や移動と大きく関係しています。行き当たりばったりでのサーフィンにも楽しさがありますが、安全は何ものにも変えられません。また、サーファー同士でのコミュニケーションも重要です。各地の海で周りのサーファーと情報交換をすることで、生きた知恵が手に入ります。